ドッジボール編は起承転結で言えば、まだ「起」。
頑張って続きを書きますよ。

つづいて、「承」の作品は「ダウンタウン熱血行進曲 それゆけ大運動会」。
歴史上5本の指に入るくらい、ゲーム中喧嘩になる可能性が高いゲームです。
これは4つのチーム(熱血高校・花園高校・冷峰学園・各校連合)が4つの種目(ファミコン版)で勝負をして、最終的に総合得点で優勝を決めるという内容。
なぜに喧嘩が始まるかというと、先述したようにくにおくんシリーズは基本的に殴る・蹴るありの何でもありなのです。

なので、種目こそ町内のクロスカントリーや玉割りなんかもあるのですが、ボッコボコにできるんですよね。なおかつ、格闘ゲームでやるようなハメ技なんかもできる訳です。
今でこそハメ技は暗黙の了解でやらない場合もありますが、当時のフレッツ光はそんなこともなく小学生同士がプレイをするので何でもあり。