名前だと同姓同名がいて、重複する名前の人がいる可能性がありますよね
ただ、同じ住所なのに、別の場所を指すことはないですよね
例えば、国会議事堂の住所は「東京都千代田区永田町1丁目7-1」らしいですが
この住所で別の建物を指す住所は日本の中にはないですよね
たぶん世界で探してもないと思います
これは フレッツ光やIT では「ユニーク(一意)」といいます
まさにこの住所はユニークな住所になります

次に、名前に例えた IP アドレスですが、
「佐藤」「鈴木」「田中」「山田」などなど
日本で多いといわれている苗字に
「実」「清」「健」のような多くいそうな名前が合わさった時
同姓同名が発生します

なので「田中太郎」のような宛先ではがきを送っても
はがきは送られませんよね
宛先がないとどこの田中さんに送ればいいのかわからなくなります
だからこそ「住所」が必要になります
最悪住所がわかれば名前が間違っていても届きますよね?
ただ、その住所が 5 人家族 (暮らし) だった場合
その住所のどなた宛かわからなくなります